Iyokan’s blog

書くこと大好き、介護士です。日々、思うことを綴っていきたいと思います。

今年の抱負。

あっという間に1年が終わり、今日から新年がスタートした。

 

今年は、『とにかく動く』

 

去年は思うように動けず、動いたと思っても空回りしていて、進みが悪いような気がして留まることが多かった。

 

今年は、『運』を味方にしてとにかく動こうと思う。

 

f:id:Iyokan:20210101152913j:plain

 今年もよろしくお願いします。

 

今年の風物詩。

私の職場でも、豪華なお弁当が配布された。

 

通常なら、11月・12月は忘年会が行われる予定であった。

 

といっても私は、一度も参加したことがない。というのも、プライベートの時間まで職場の人たちと行動したくない・・・というのが理由・・・というちょいとひねくれ者なのかもしれない。

 

楽しい飲み会は、好きな人たち同士でしたい派なのである。

 

今年は、コロナウイルスの影響で忘年会は中止。その代わりに、日々の勤労感謝を込めて、無償でお弁当が配布された。

 

それは、有難く頂く。

 

無料配布されるお弁当なんて、安物で美味しくはないんだろうな・・・と完全に馬鹿にしていた。

 

ところが開けてびっくり。

 

f:id:Iyokan:20201229184440j:image
f:id:Iyokan:20201229184436j:image

二重箱の中には、おかずがぎっしり。味付けもしっかりしていて、とても美味しいお弁当だった。

 

人との距離間が出来て、日常が変わってしまっているけど、こういう❝忘年会❞もありだと、私は思った。

笑顔が溢れる。

私の勤めている病院では、月に1回レクレーションというものを行う。

普段できないカラオケをしたり、ボーリングをしたり、患者様が楽しめる企画を実施している。

 

12月は私が担当することになった。

 

患者様も職員が楽しめるレクレーションでないと意味がないと思っている。

 

いろいろ考えて、調理レクをすることにした。

 

楽しいレク中に、事故などあってはならない。まして窒息なんて起きたら、もう2度と調理レクが出来なくなってしまう。

 

安全に食べられるものを作ることにした。

 

ややひたひたにしたフレンチトースト。

これなら柔らかく、飲み込みも難なくできるはず。

 

いざ家で試作。

調理レクを決行する場合、私は必ず試作する。ぶっつけ本番はリスクが高すぎるから。口に入る物は特に慎重になる。

f:id:Iyokan:20201229175428j:image

これに生クリームを添えて、ちょいと豪華な感じに仕上げようと思う。

 

そして、レクレーション当日。

生クリームも泡立て器で作ることにし、患者様にも一緒に混ぜてもらう。

 

だがしかし、なかなか固まらない生クリームに時間をとられてしまい、予想以上に時間が掛かってしまった・・・。

 

というハプニングはあったものの、「美味しい」と喜んでもらえて、やった甲斐があったと私も笑顔になった。

 

レクレーションが苦手で嫌いという職員もいるけれど、患者様と職員が一体となれる絶好の時間になるから、この時間は大切な一瞬になると私は思う。

 

認知症の患者様がほとんどだから、一瞬一瞬が勝負なのだ。

ほんの僅かな時間でも、笑顔になれる時間が貴重だと思うから、私はレクレーションというものを大切にしている。

青春の1コマ。

 今週のお題:もう一度見たい、あのドラマ

 

私が中学生時代にハマった、海外のテレビドラマ。

 

Xファイル

 

もともとホラー好きだが、私がハマったのはFBI捜査官のモルダー。

一目見て、恋に堕ちた。

 

たくましくて、格好良くて、毎回ハラハラ・ドキドキさせられたのを覚えている。

はじめて好きになった俳優さんでもある。

 

中学時代、英語の授業の一環で、外国に手紙を出してみよう・・・みたいな授業があった。

多くの人は、『サンタクロース』に手紙を出していたが、私はどうしてもモルダー役のデビッド・ドゥカヴニー さんに出したくて、先生に相談した。

 

先生は住所を調べてくれて、英語の辞書を片手に手紙を書いた。

 

どんな文面を書いたか忘れてしまったが、

『あなたのファンです』

『どうかこの手紙を読んで下さい』

みたいなことを英語で書いた。

 

数ヵ月が経ち、『手紙の返事が届いた』と騒いでいるクラスメイトが続出した。

だがしかし、私の手元にはなにも届かない。返事をもらえたクラスメイトが非常に羨ましかった。

 

モルダーはケチンボだったのか・・・と思い、手紙を出したことも忘れかけていたある日、海外から1通の手紙が届いた。

 

開封してみると、モルダー捜査官が写った写真が添えられていた。

f:id:Iyokan:20201212181633j:image

それが中学時代に起きた一番うれしい出来事となった。

 

最近、ドラマを見る機会が減ってきている。

思い出に浸りながら、もう1度ドラマを見てみたいと思った。

幻想的な世界。

温かな太陽の光も好きだけど、闇夜に浮かぶ微かな光も素敵だったりする。

 

季節が変わり、空気も澄み始めている今日この頃。この時期になると、闇夜に思いを馳せたくなる。

 

昼間とは違う表情を見せる世界に、『幻想』を感じられずにはいられない。

 

闇夜に浮かぶ温かな風景。

好きな季節は夏だけど、日本の四季には毎回感動させられる。

 

今年の紅葉は、なんとなく寂し気に感じられた。

世の中がそうさせているのか、気候のせいなのかは分からないけど、例年より『赤』が足りない気がした。

 

それでも、忙しない日常を忘れられる良い機会になった。

 

来年は、もっと『赤く』、にぎやかな日常が戻ることを切に願っている。

 

f:id:Iyokan:20201204160603j:plain

f:id:Iyokan:20201204160632j:plain

f:id:Iyokan:20201204160640j:plain

 

運命的な出会い。

今週のお題:自分にご褒美あげましょう

 

気が付けば、もう12月が始まった。

気が付けば、今年もあと数週間で終わりを告げようとしている。

 

今年の初め、私は財布を買い替えよと決めていた。

5年ほど愛用していた財布が遂に壊れ、小銭入れ部分のがま口が締まりにくくなってしまったから。

 

風水師曰く、財布は1年に1度買い替えるべき!!

 

と言っていたが、私的には気に入ったものを長く使い続けたいと思っている。

 

今年の初め、財布探しが始まった。

 

だけど、どの財布もピンと来ず、なかなか買い替えのチャンスが巡ってこないまま、今年も終わりに向かっている。

 

そんなある日、遂にピンと来る1つの財布と出会った。

 

だけど、その財布はとんでもなく高額で、しかも本革・・・。

 

本気で迷った。

 

というのは、財布は3000円以下で、本革以外と決めていたから―。

 

その話を友にしたら・・・

 

「買っちゃいなよ」

「高級品の方が長持ちするし」

「たまには高価な物、持ちなよ」

 

等々、言われてしまい心が揺らぐ自分。

 

そういえば今年は、勤続年数10年になり、職場から謝礼が出る。

そういえばボーナスも出る。

買うしかないなぁ・・・。

 

そういうことで、今までにない高価な財布を購入した。自分のために。

f:id:Iyokan:20201204155118j:image

 

Dakotaの財布。完全に自分のひとめぼれ。

 

私の大好きな赤。

年と共に、派手好きになっているような気がする。